五鉄の軍鶏鍋

2017–04–12 (Wed) 11:00
鬼平犯科帳_中村吉右衛門

2016年12月(2日/3日)に放送された前後編スペシャル…150作目をもって中村吉右衛門版『鬼平犯科帳』が27年に渡る幕を閉じた。
原作は、言わずと知れた、1967年~1989年にかけて文藝春秋出版の「オール讀物」に連載されていた池波正太郎の人気同名小説『鬼平犯科帳』であり…
テレビドラマ化は勿論のこと…映画、舞台、漫画(コミック)…そして最近、アニメ化もされている。
テレビドラマ化においては…
原作者の池波が“鬼平”のイメージとしたとも言われる…中村吉右衛門の実父…(八代目)松本幸四郎(1969年10月7日~1970年12月29日/1971年10月7日~1972年3月30日)版を皮切りに…
丹波哲郎(1975年4月2日~9月24日)版、萬屋錦之介(1980年4月1日~9月30日/1981年4月14日~10月13日/1982年4月20日10月12日)版と…
錚々たる面々が“鬼平”を演じてきていた。
そして、四代目の“鬼平”となる吉右衛門版が1989年7月12日にスタートし…
全9シリーズ+スペシャル12作+映画1作をもって昨年末までに至ったわけである。
当初は、ともすると、それまでの大御所的なスター俳優に比べると、さほど目立った活躍の場があったわけでもなかった吉右衛門さんではあったが…
勿論、歴代の“鬼平”も見たうえで…個人的には、吉右衛門版の“鬼平”が一番、池波の小説のそれを体現しているように思う。
演技のなかでみせるちょっとした所作…煙管の扱い方、お猪口の持ち方、線香の消し方、等々…
とにかく吉右衛門さんには他にはない“粋”があった。
その“粋”さをみせる場面が多かったのが、五鉄という軍鶏鍋屋の二階の座敷である。
そこで度々、食されたのが…軍鶏鍋屋だけに、まさに軍鶏鍋である。
今回は、『鬼平犯科帳』のドラマに関してではなく…こちらについて少々書かせて頂こうと思う。

鬼平犯科帳_五鉄

「玉ひで」というと、“行列のできる(元祖)親子丼”の店といった観が強いようだが…
1760年(宝暦10年)創業の軍鶏鍋屋で…
しかも、その創業時期は…
実在の長谷川平蔵(宣以)が…まさに火付盗賊改方の長官として活躍していた時期(1787年(天明7年)~1795年(寛政7年))とも同時期…
現代ならば、メトロにでも乗れば…清水御門外の役宅から人形町ならば、ほんの10数分という距離なのだが…当時は、はたしてそれほどの近距離感があったかどうかはわからない。
もしも実在の平蔵が、小説やドラマばりの粋人・食通であったならば…舌鼓をうちにわざわざ足を延ばしていたかもしれないが…

玉ひで_軍鶏鍋

池波正太郎の『鬼平犯科帳』に描かれている軍鶏鍋屋「五鉄」は…
“竪川にかかる二ツ目橋(現:二之橋)の北詰”あたり、とのことで…
わかりやすく言えば、大相撲の行われる両国国技館から程近くというところという設定である。
因みに、この界隈には…
「五鉄」のモデルとされたと言われている「かど家」に「ぼうず志ゃも」という軍鶏鍋屋があるが…
「かど家」は若干新しく?…1862年(文久2年)…幕末の動乱期…新選組が今まさに生まれようとしていた時期…
一方、「ぼうず志ゃも」は、かなり古く…犬公方と揶揄される綱吉が将軍職に就いた時期…
この綱吉治世の初期…天和年間(1681~1684年)創業とされており…
余談だが…綱吉がこの時期に行なった“天和の治”などは善政として高い評価を得ており…
実は、徳川封建体制をある意味確立したのは綱吉と言っても過言ではないくらいの“名将軍”だとも言える。
如何せん、悪名高い“生類憐れみの令”により、一気に“迷将軍”のレッテルが貼られている。
今回は“食”の話題ということで…
この“生類憐れみの令”以前は、実は我が国でも…韓国や中国のように…“犬料理”はごく普通に食されていたようで…
それ以後は、現在に至るまで犬料理を食する習慣が我が国からはなくなったということである。

“軍鶏鍋”の話題から、だいぶ話がそれたが…
小説では、「五鉄」の“軍鶏鍋”は…
酒、醤油、みりん、水を合わせた濃い目の割り下に、笹掻き牛蒡と軍鶏の“もつ”を鉄鍋で煮込んだもの…ということになっている。

「かど家」は八丁味噌…「ぼうず志ゃも」も秘伝の割り下に味噌を合わせるので…
「五鉄」の醤油味とは多少違う味わいかもしれないが…
「ぼうず志ゃも」では以前に頂いたことがあるのだが…これがまた、なかなかにいけるのです!
いわゆる江戸風というのであれば…
池之端の「鳥栄」で頂いたことがあるが…こちらもまた美味!
ここは外観もなかなか風情があってよかった。
その「鳥栄」から程近いところにある“牛鍋(すき焼)”の「江知勝」…
実はあまり一般的な“すき焼”が好みではない当方でも、ここの“牛鍋”はお薦めである!!
「玉ひで」では、本来の鍋は頂いたことがなく…1Fで親子丼しか頂いたことがないので…
機会があれば“鬼平が愛した軍鶏すき焼き”も…是非、食してみたいものである!!

2013年、池波正太郎の生誕90周年にあたり東北自動車道 羽生パーキングエリア(上り)にオープンした“鬼平江戸処”にも、「玉ひで」プロデュースの…その名もまさに『五鉄』という企画店があるのだが…
“鬼平江戸処”には、以前にバスツアーの帰りに立ち寄ったものの…
トイレ休憩ほどの短い滞在のため、ちょっとしたお土産を物色するのがやっとで…
ゆっくり食事とまではいかず…
そもそも、高速のパーキングということは、車で行かねばならず…
鍋をつつくのに御酒なしというところもネックとなって…
その後、足が向かないままになってしまっている。

五鉄_しゃも鍋定食
五鉄しゃも鍋定食 / 1,500円
鬼平犯科帳の小説に出てくる「五鉄の軍鶏鍋」をイメージし、「国産軍鶏肉のブツ切りと、牛蒡、しらたき、焼豆腐、ネギ、五鉄特製の割下、玉子」を使った鍋を定食スタイル(ご飯、お新香付)で再現しているとのこと。

<<追記>>
中村吉右衛門版『鬼平犯科帳』といえば、エンディングに流れる『インスピレイション』…
ジプシー・キングスの奏でるフラメンコ・ギターの音色が、本編“愁話”の余韻に一層浸らせてくれる一助となった。
一見、ミスマッチのように思える…ルンバ・フラメンカと和の情景が織り成すそのエンディングロールは、シリーズを通し一貫して替えられることはなかった。



banner.gif
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL

http://wolff.blog32.fc2.com/tb.php/135-75f364bd

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

SALON / Hauptraum

PEIPER

Author:PEIPER

卐 Nachricht 卐

Aktuelle Zeit

Zugriffszähler

Online-Zähler

現在の閲覧者数:

Bildersammlung

Kategorie

Anzahl der Artikel

全タイトルを表示

Aktuelles Artikel

Trackbacks

Archive

Große Dodekaeder

Andere Sprachen

LINK

Suche

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード