5人目のSS上級大将

2017–03–17 (Fri) 10:45
Karl Wolff

以前、カール・ヴォルフ“出”であるというペアの肩章↓のコレクション紹介をネットで見かけた。
まぁ、ヴォルフ物に関しては、これまでも制服や制帽、サイン入りポートレートなどなど…
有名人物にしては比較的、オークションなどで目にすることも多い人物でもあるので、実はそう珍しいという程ではないのだが…
Karl wolff_Schulterstück

この“物”…にはギャランティ代りのヴォルフ本人署名の添状↓がついており…
正確ではないかもしれないが、この文面を訳してみると…
Karl wolff_Schulterstück_urkunde

カール・ヴォルフ
退役 上級大将

私、退役武装SS上級大将カール・ヴォルフは、以下に示された武装SS大将用の肩章が私自身からの出物であり
また、これを第二次世界大戦中に所有していたことを証明するものである!

(署名)カール・ヴォルフ 退役 SS上級大将(最高集団指導者) 兼 武装SS上級大将


私の拙い解釈だと…
“getragen”の訳としては、“身に着けていた→着用していた”と直訳的に解釈すべきか迷ったのだが…
“物”の拡大画像を見る限りでは、縫い付け糸痕などがほとんどないことなどから…
ヴォルフが所持していた“物”であったとしても、おそらくは“スペアの肩章”…
実際に勤務服などに着用していた“物”ではないのではないかと判断した次第である。

…と、前置きが長くなってしまったが、今回は、そんな“重隅”なことを言いたいのではなく…
まぁ、以下も十分“重隅”だと揶揄されそうだが…(苦笑)

この書面にヴォルフがタイピングした、彼の階級…
のっけに記載の“Generaloberst a. D.”
後段の“SS-Oberstgruppenführer und Generaloberst d. Waffen-SS a. D.”の部分が私的には興味深かった。
この何気なく書かれている階級呼称…
↑の訳をご覧頂ければお気づきかと思うが、どれも“上級大将”ということなっている。
(公称的には“SS-Obergruppenführer und General d. Waffen-SS”(SS大将 兼 武装SS大将)とされている)

“SS上級大将”という階級は、総統の肝入りもあって…
ヒトラー53歳のバースデー…1942年4月20日付で…
“上級大将”階級新設に難色を示していた国防軍サイドに一応配慮し、フランツ・クサフェァ・シュヴァルツ、クルト・マックス・フランツ・ダリューゲの両SS文官を、まずはなんとか昇進させ…
総統暗殺未遂事件後にパワーバランスがSS優位にシフトすると…
1944年8月1日付で武装SSにもこの階級を新設し…
ヨーゼフ・“ゼップ”・ディートリヒ、パウル・ハウサーの両SS武官を昇進させた。
以上、この四名のみが公式的には“SS上級大将”であるとされているわけである。

当方の勝手な解釈としては…1945年4月28日に“忠臣ハインリヒ”の裏切り行為を知り、激怒したヒトラーは、すぐさまヒムラーの全官職を剥奪し、逮捕命令を出す。
それに伴い…それまで、ハイドリヒ亡き後…建前的にはSSのNo.2ではあったものの…
カタチ的にはイタリアに飛ばされ…既に親ヒムラー派でもなくなっていたヴォルフにとりあえずの最高階級でヒムラーの代わりとすべく、直に昇進を決めたとのことであるが…
ヴォルフはヴォルフで、この時期…イタリアにおける全面降伏に向けての調整で大忙し…
ましてや、ライチュがもう一人いたとしても、既に地下壕に辿り着くことは困難であり…
ヒトラーはヒトラーで…思いつき的にヴォルフ昇進を仄めかしたかもしれないが…
最期の時を間近にして、ある意味…それどころではなかったわけで…
もしヴォルフが明記したように、彼がSS上級大将に昇進していたというのであれば…
レーマーの時の如く、電話越しに…ヒトラー自らか、もしくは側近によって伝言で通達されただけなのかもしれない??
ご存知のように、ヒトラーは4月30日未明に自決しており…
またヴォルフ自身も5月2日には米軍に投降していることもあり…
この昇進が事実としても、手続き的なことが行われる時間も余裕もなかったものと思われ…
結局は非公式な昇進となってしまったのではないだろうか?
まぁ、明記するくらいなので、そのへんの経緯は、どこぞで語っているのかもしれないが…
ただそれも、このヴォルフ本人署名の添状自体が“本物”ということが前提ではあるのだが…
勿論、肩章も“本物”であるということは言うまでもないことである。

【補足】
“a. D.”は“außer Dienst”の略で“退役”という意。
“Generaloberst d. Waffen-SS ”の“d.”は“der”の略…英語で言えば“of”…“~の”ということになり、“武装SS(の)大将”となる。


banner.gif
スポンサーサイト

頭打ち?なロンメル・ヘッド

2017–03–10 (Fri) 18:26
headsulpt_3R_Rommel_GM636_prototype

先のパイパーに続き、3R(/DiD)から第三弾となる『ロンメル』がリリースされた。
今回の仕様は、1943年以降…B軍集団司令官として大西洋防衛に奔走していた頃の設定となっているようである。
軍装に関するツッコミはさておき…
今回のヘッドの造形だが…
パイパーの項でも書いたように、やはり一頃に比べ、プロトタイプと製品版における出来栄えの差は否めず…
そのプロトタイプにしても、以前のような納得感がなかったというのが私個人の印象である。
2011年末にリリースされた第二弾(下左)がなかなかの出来であったと思えるだけに…
あくまで私個人の見方ではあるが…ご覧のように、今回(下右)の出来(似)は少々微妙である。
また、前頭に比し若干大きくなっている。

初期のDRAGONのヘッドのように頭大が大きすぎるのも如何なものとは思うが…
昨今、若干…被り物を意識しすぎて頭大を予め小さく造形しすぎて、体幹とのバランスが?になっていたこともあり…
個人的には頭大的にはこのくらいが丁度良いのではないかとも思っている。
ただ、やはり残念な観は否めない…

headsculpt_Rommel_2nd_3rd

やはり、オリジナルに勝るもの無し…ということで、ロンメルの御尊顔も掲載しておこう…
このポートレートは、ロンメルが陸軍中将当時に撮られたものである。
ロンメルは、1941年1月に陸軍中将に昇進し…2月からは北アフリカに赴き、派遣軍の司令官として来るべき攻勢の準備に取り掛かる。
そして、3月19日に攻勢実施の承認を得るべく、一旦ベルリンに戻っている。
翌3月20日付で、全軍第10番目の柏葉章の授与も為されているのだが、おそらくはその際に撮られたものと思われる。
ロンメルは北アフリカに急ぎ戻り、3月24日から、いよいよドイツ・アフリカ軍団(Deutsches Afrikakorps=DAK)…“ロンメル軍団”による攻勢が開始された。
『砂漠の狐』伝説の始まり直前の…最も意気盛んな時期に撮られた写真なだけに、ロンメルを“撮”らえた数々の写真の中でも、私個人としては、この日の一連の写真に写ったロンメルが一番のお気に入りでもある。
おそらくは、この新ロンメル・ヘッドの原型を製作するに当たって、参考とされた写真もこの日に撮られた一連の写真…コレあたりではないかと思われる。

Erwin Rommel


King's ToysROMMEL -The Desert Fox -
(2013年9月27日掲載記事 )
King's Toys_ROMMEL

King's Toysというメーカーに関しては、当方的にはほとんど馴染みがなく…
リリース第1弾がヨシフ・スターリンという、際物的なデビューを飾り…
因みに、SCULPTURE TIMEというメーカーからも同様なスターリンがリリースされているようである。
また、同社からはルーズベルトもリリースされているようなので、DiDのチャーチルとも併せて、ヤルタの“三巨頭”を再現してみるのもよいかもしれない。
第2弾は一転…Uボート乗組員というあたりは、他社とは一線を画し、隙間をついたラインナップでの参戦を模索・画策するメーカーなのか?と思う程度にしか認知していなかったが…
その第3弾として先頃、処々フォーラムなどに発表されたが…今回ご紹介する、定番中の定番ともいうべき…『ロンメル』のようである。
それも、またまた…また…ともいえる、お決まりの“熱帯服”バージョン…
King's Toysの製品に関しては実際に現物を間近で見たことがないので、クオリティーその他に関しては語るべくもないが…
ただ、こと“ロンメル”に関しては…先に3R/DiDからリリースされた“ロンメル”ヘッドがなかなかの出来であったことに加え、ほぼ同仕様ということもあり…画像で見る限りにおいては、衣装・付属品等は勿論、目玉となるべきヘッドも…3Rの上をいくクオリティーであるならばまだしも…今更感を余計に感じざるを得ない。
現段階では各フォーラムにプロトとしての発表が為されているだけで、まだ自社HPでは発表もされておらず…
それらの反響も踏まえ、改良その他の今後の動向にも変化があるかもしれない。
3R/DiD以上の仕上がりになってくれるのであれば、それに越したことはないのだが…
まぁ、それは期待し過ぎというものであろうか…


DML/Cyber Hobby_ROMMEL
そういえば、Cyber Hobbyからは電撃戦から70年を記念?した“ライフ・ライク”なロンメルがリリースされていた。
確か、DMLのロンメル・ヘッドとしては3.5代目…
ヘッドの技術革新合戦に遅れじと…DMLも“ライフ・ライク”と銘打っての参戦を続けているが…
残念ながら、その目玉となるべきヘッド・スカルプト自体が話題になることは、これまでのところではなかったように思われる。
各メーカーともに“特定の人物”をリリースするにあたっては…原型・塗装の出来不出来は言うまでもなく…如何にその人物に似せられるかが問われるなか…
DMLは、その点においても後塵を拝しているように思われる。
このロンメルも、ロンメルと言われなければそれと分かる者は少ないのではないだろうか?
まぁ、それがDMLらしさと言えなくもないのだが…


banner.gif 

 | HOME | 

SALON / Hauptraum

PEIPER

Author:PEIPER

卐 Nachricht 卐

Aktuelle Zeit

Zugriffszähler

Online-Zähler

現在の閲覧者数:

Bildersammlung

Kategorie

Anzahl der Artikel

全タイトルを表示

Aktuelles Artikel

Trackbacks

Archive

Große Dodekaeder

Andere Sprachen

LINK

Suche

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード