空蝉

2016–07–22 (Fri) 19:00
蝉は一般的に7年(長いものでは17年)程の間、地中で幼虫として成長し、地上に這い出て…脱皮し成虫となる。
ただ成虫となって地上で生きられるのは約一週間~長くて一ヶ月半程の儚い命。
人間の価値観からすれば、長い年月をかけ地上にやっと出てきた蝉はいったい何のために生きてきたのか?
勿論、地上に出て成虫となった一週間ほどの間で子孫を残す…種の保存という重要な行為のためではあるのだが…
(因みに、オスは複数回の交尾が出来るのに対し、メスは一生の内に1回のみなのだとか…)

でも見方を変え蝉の価値観?からすれば、地上よりも地中の方が彼らにとっては住みやすい環境なのではないだろうか。
また成虫という形態ではなく、幼虫という形態でいることも、地中という環境下には適しているのは勿論だが…
その形態の方が彼らにとっては生物学的にも本来の形態なのかもしれない。
但し、種の保存という観点においては、どうしても成虫という形態をとらざるを得ず…
その過酷な環境に耐えうる限界となる最期の短い期間のみ、彼らは地上に出てくると言った方が当てはまるのかもしれない。

一夏で一生を終えてしまう儚さに人の一生・最期の時を準らえ…
太陽の照りつける、明るいはずの夏の季語として用いられる「蝉」という単語には、そこはかとない寂しさを感じてしまう。
もうすぐ梅雨も明け、今年は特に暑い夏がやってくるようである…
蝉の大合唱は、その暑さを助長するに他ならないが…
最近は少なくなる一方の“夏の風情”として、彼らの叫び?を楽しめればよいのだが…
夏の暑さ…こと蒸し暑さにめっぽう弱い身としては、そんな余裕があるのやら…

蝉の脱皮


banner.gif
スポンサーサイト

 | HOME | 

SALON / Hauptraum

PEIPER

Author:PEIPER

卐 Nachricht 卐

Aktuelle Zeit

Zugriffszähler

Online-Zähler

現在の閲覧者数:

Bildersammlung

Kategorie

Anzahl der Artikel

全タイトルを表示

Aktuelles Artikel

Trackbacks

Archive

Große Dodekaeder

Andere Sprachen

LINK

Suche

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード