Michael wittmann 【DiD】

2014–06–06 (Fri) 16:44
少々放置気味だったにもかかわらず…
久しぶりのネタが、先にDiDからリリースされたミハエル・ヴィットマンSS大尉ということで申し訳もないが…
やはり、ココ的にも少しくらいは触れておこうかと言うことで…
※実際のヴィットマンに関しては…あまりにも有名な軍人故…ココで改まって書くには及ばないものと判断をし、今回は割愛させて頂く。

既にリリースもされており、購入され…実際にご覧になられたという方もおいでのことと思う。
ただ私的には、正直なところ、マイヤー同様に…比類なきパンツァー・エースではあるものの…嗜好性をあまり感じない。
従って、これまでにフィギュア化された時もヘッドすらも購入したことがなかった。
(確か、In The Past ToysCyber Hobbyからリリースされていたように…両者とも、お世辞にも似ているとは言えないような出来ではあったが…)
ただ今回は…プレヴューの画像を見る限りでは、ヴィットマン風としても、なかなかに頑張っているようにも思え…
衣装も含め…↓の如く、なかなかだっただけに…DiDのヘッド造形を信じ、期待し、購入も検討していた…のだが…

DiD_Michael Wittmann

ネットショップに掲載の商品(イメージにほぼ近い)画像↓を目にして…その思いは、脆くも崩れ去った…(苦笑)
ここ最近のDiD/3Rのヘッドからすれば、造形、塗装ともにお粗末観は否めない。
少し前ならばいざ知らず…というか、その当時のヘッド造形、塗装のような感じさえしてしまう。
確かに、クセや特徴のあり過ぎる顔立ちではないので、余計に難しいのかもしれないが…
それにしても、期待が大きかっただけに嘆息感が…
ただ、これはあくまでも、どちらも画像のみからの感想であり、直に実際のヘッドを手にしての印象ではないので…
実物を直に見てみると、また印象も違うのかもしれないので…その点は、あしからず…

DiD_Michael Wittmann_Headsulpt

Ergänzung

DiD_Michael Wittmann_U-boat_Jaket
今回の付属品リストには、新調されたUボート・ジャケットが加わっており…
着古したようなウェザリングも施され、なかなか雰囲気を醸し出している。
この着古されたUボート・ジャケットの使い回しの利きそうな“次々回”ラインナップ…
マイヤー、ヴィットマンとくれば、いい加減…次はいよいよなのではと期待してしまう!
それには、もう一度、今回の轍を踏まえ…ヘッド造形、塗装を仕切り直したうえで、彼のリリースをお待ちしたいものである!
余談だが、今回、衣装のみの紹介では、このトルソーが用いられているのだが…
コレが一番欲しかったりして…(^ ^;

因みに、“次回”ラインナップは…”Thomas”!
私が言い続けてきたのが効を奏したのか否かは定かではないが…(苦笑)
ついにトーマス・クレッチマン(風?)がリリースされるようである。
1993年版「スターリングラード」における、ハンス・フォン・ヴィッツラント少尉役のクレッチマンをイメージしていることは明白であるが…
この当時(若き日)のクレッチマンにしては…役柄も、初めて前線に赴く新米将校役でもあり…
まぁ、過酷なスターリングラード戦最中の窶れ感を差し引いても…ゴツ過ぎな感じが少々残念ではあるのだが…
あぁ~きっと、1945年のパイパーともなれば、どうしてもこの手合いになってしまうのだろうなぁ~(^ ^;

DiD_Thomas


banner.gif 
スポンサーサイト

 | HOME | 

SALON / Hauptraum

PEIPER

Author:PEIPER

卐 Nachricht 卐

Aktuelle Zeit

Zugriffszähler

Online-Zähler

現在の閲覧者数:

Bildersammlung

Kategorie

Anzahl der Artikel

全タイトルを表示

Aktuelles Artikel

Trackbacks

Archive

Große Dodekaeder

Andere Sprachen

LINK

Suche

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード