映画のなかのロンメルたち

2013–05–01 (Wed) 22:41
砂漠の鬼将軍
【 THE DESERT FOX / Rommel der Wüstenfuchs (1951) 】

THE DESERT FOX (1951)_poster


これまでも何度か話題にはしたこととは思うのだが…
当方のミリタリーというか、独軍関連に関する興味再燃へのきっかけとなったのは、15年程前のとある深夜に放映されていた映画『THE DESERT FOX(邦題:砂漠の鬼将軍)』をたまたま見たことに因るところが大である。
幼少の頃…タカラのニューG.I.ジョーやタミヤのプラモデルなどでの興味の対象は、その当時から勿論、ドイツ軍モノには限ってはいたし、TVで放映されていた『コンバット』やその他映画のなかで呆気なく、少々間抜けに負けると分かっていてもドイツ軍を贔屓してしまうような、現在に至るような素地は芽生えてはいたものの…年頃になって野球(勿論、ミスターG)、ファッションや音楽、アイドルなど御多分に漏れず興味の対象がシフトするとともに…一応、別の意味での(受験)戦争に突入したことなどもあり次第に縁遠くなってしまっていた。

話を映画『砂漠の鬼将軍』に戻して…
この映画が製作されたのは1951年(昭和26年)…戦後6年目の、この時期、日本は連合国側とサンフランシスコ講和条約の締結に至り、これで正式に“戦争状態”が終結し、日本の主権が承認…晴れて再び独立国となったが、まだまだ国内は戦後復興の初期段階だった。 
アフリカ戦線において、インド軍陸軍准将として任官し、ガザラ地区で第10インド旅団の指揮を執っていた際にDAKの捕虜となった原作者のデズモンド・ヤングが、英軍内でも神格化されていた敵将の“砂漠の狐”に、ほんの一瞬といっても過言ではない接点の間に魅了され、戦後に作家、ジャーナリストとなった彼が執筆、1950年出版された「ロンメル将軍(原題:Rommel)」を基に映画化されている。
因みに、劇中では…ロンメルに救われたインド軍先任将校“デズモンド・ヤング中佐”役を自身が演じている。

Rommel der Wüstenfuchs_title
ドイツでの公開当時のプログラム(パンフレット?)の表紙。
A3サイズの用紙を二つ折りにして見開きとしたチラシ?とも思えるほどの簡単な物。
独題の“Rommel der Wüstenfuchs”とは“砂漠の狐・ロンメル”…原題がそのまま独語に訳されている。
海外では慣習、文盲率などの理由から字幕ではなく吹き替えが主流なのだそうで、劇場公開時には独語吹き替え版で上映されていたのかもしれない。
出来れば、独語吹き替え版・日本語字幕のDVDで見返してみたいものである。
もともとの英語版よりも、そちらの方がシックリくるのではないかと思うのは私だけだろうか?

余談だが、邦題では“砂漠の鬼将軍”としたのはなぜなのだろうか?
ともすると、当時の日本の“狐”に対するイメージが人を化かしたり騙したりといったズル賢いといったマイナスのイメージがあることに加え、そこから勇猛果敢なイメージを投影しにくい等の配慮からか…などと勝手に想像したりもするのだが…?
現代では“砂漠の狐”という言葉自体が認知されているようにも思うので、『砂漠の鬼将軍』ではなく『砂漠の狐』の直訳ですんなり決まるところなのだろうが、現代の感覚と当時の感覚は多少の違いもあり致し方のないことなのかもしれない。
因みに、現代では“将軍様”といわれた方が人を化かしたり騙したりといったズル賢いマイナスのイメージがあるのかもしれない…(苦笑)



ストーリー的なことを今更ココに列記する必要もないものと思い割愛させて頂くが…反ヒトラー派を強調する意味もあってか…まぁ、原作自体が“ロンメル”ファン による著作故に致し方ないのかもしれないが、、若干思い入れと思い込みと期待が過ぎる観は無きにしも非ず。
ただ、ロンメルという存在は…強引な私見で誠に恐縮だが、例えるならば“国民栄誉賞”の授与も為された長嶋茂雄のようなもので…アンチ巨人ではあってもミスター・ファンという方も多いというように、ミスターそしてロンメルの至る至らないなどといった些細な事象に拘ることなく、その存在自体に、ある意味魅了されてしまうところがあるのかもしれない。
斯く云う私も、この両人ともに、どっぷりと魅了された、され続けている、その一人であることは言うまでもないが…
話はだいぶ飛躍してしまったが…それまでのストーリー展開はともかく、1944年10月14日…謂われ無き?“反逆罪”に問われ、家族の身の安全の保証と自らの名誉にかけて、強要された服毒自決を潔く選んだラストへと展開…この騎士道=武士道的な結末が、実際のロンメルの英雄像もより一層印象強くする一助となっているのかもしれない。

主演のロンメル役はジェームズ・メイスン…ココ的には『戦争のはらわた(Cross of Iron)』 でのブラント大佐役と言った方がピンとくる諸氏が多いかもしれない。
メイスンは“砂漠”二部作の1953年製作映画『砂漠の鼠(The Desert Rats)』でもロンメル役として出演している。
当方的には微妙だが、ロンメル役のハマリ役者と評されているようである。
戦後間もないということもあり、制服や徽章類は実物が使われていたとも言われ…
それも、メイソンの衣装は実際のロンメル着用の服だという実しやかな噂まで伝わっているようなのだが…戦中当時の実物の服であったとしても、仕立てその他の点から見ても、少なくともロンメル着用のそのものではないものと思う。
James Mason_Desertfox_Rommel


『Five Graves to Cairo』 (1943): Erich von Stroheim
『The Desert Fox/The Story of Rommel』 (1951):James Mason
『The Desert Rats』 (1953):James Mason
『Rommel ruft Kairo』 (1959):Paul Klinger
『Foxhole in Cairo』 (1960):Albert Lieve
『Hitler/Women of Nazi Germany』 (1962):Gregory Gaye
『The Longest Day』 (1962):Werner Hinz
『The Night of the Generals』 (1967):Christopher Plumme
『La battaglia di El Alamein/The Battle of Elalamein』 (1969):Robert Hossein
『Hora cero:Operación Rommel』 (1969):Manuel Collado
『Patton』 (1970):Karl Michael Vogler
『Consigna: matar al comandante en jefe』 (1970):Piero Lulli
『Agnostos polemos』 (1971/TV):Giorgos Kyritsis
『Raid on Rommel』 (1971):Wolfgang Preiss
『Operation Walküre』 (1971/TV):Friedrich Siemers
『The Key to Rebecca』 (1985):Robert Culp
『War and Remembrance』 (1989/TV):Hardy Krüger
『The Plot to Kill Hitler』 (1990/TV):Helmut Griem
『Night of the Fox』 (1990):Michael York
『Normandy/The Great Crusade』 (1994/TV):Peter Kybart
『Triunghiul mortii/The Death Triangle』 (1999):Radu Banzaru
『D-Day 6.6.1944』 (2004/TV):Albert Welling
『D-Day to Berlin』 (2005/V):Weodzimierz Matuszak
『Rommel and the Plot Against Hitler』 (2006):Steve Phillips
『Red Rose of Normandy/Normandy』 (2011/V):Buck Brown
『Rommel』 (2012/TV):Ulrich Tukur

ロンメルの登場する映画およびTVドラマなどのタイトルを、“ロンメル”を演じた俳優名とともに年代順に並べてみた。(掲載漏れがあった場合は何卒ご了承頂きたい)
戦争…それも北アフリカ戦線が真っ最中の1943年に製作されたビリー・ワイルダー監督作品『Five Graves to Cairo(邦題:熱砂の秘密)』におけるエリッヒ・フォン・シュトロハイム演じるロンメルを筆頭に、これまでにも数多くの俳優たちが“ロンメル”役を演じている。



当方の“ロンメル”とのファースト・コンタクトは…確か、小学生の頃にTVで観た1969年製作の伊仏合作映画『La battaglia di El Alamein』…邦題「砂漠の戦場 エル・アラメン」 だったと記憶している。 
当時は勿論、実在の人物としての“ロンメル”という捉え方ではなく、あくまでも映画のなかでの一ドイ ツ軍人という捉え方ではあったものの…↓でのロベール・オッセン演じるロンメ ルの登場シーンは、 その彼だけが、制帽(そのうえMk-II装 用)、詰襟タイプのフィールドクレー上衣に乗馬パンツ+長靴という、当方のなかでの“三種の神器?”に適っていたこともあり、子供心に鮮烈・鮮明な印象・記憶として残り、その後の原体験となったものと思う。



因みに、実際の“ロンメル”といえば…スタンダードな勤務服の着用姿というのも勿論であるが、北アフリカ戦線などにみる開襟タイプの熱帯用上衣のイメージが強いのかもしれない。
(北アフリカ着任当初は詰襟タイプを着用し鮮烈な登場をしているが…)
彼自身もそのスタイルの方を好んでいたといわれるだけに、本国においても“熱帯仕立て”ではない“上質仕立て”の開襟タイプを度々着用している。
ただ映画やドラマが、北アフリカ後の“公務”における“公式”な詰襟タイプ着用での登場が多く見受けられる’44年…晩年の設定では、わざわざ“上質仕立て”開襟タイプの衣装との併用をするほどまでの拘りはもってはもらえないようである。

映画のなかでは、ゴーグルの他、“砂漠の狐”のもう一つのトレードマークともいえるチェック柄のマフラーは、なぜかシャツの襟元にのぞく スカーフに変えられて、少々派手好みで、二枚目ぶった敵将ロンメル像というスタイルを採った時期もあった。
それが、まさに『砂漠の戦場 エル・アラメン』でのヒョウ柄スカーフを巻いた“オッセン”ロンメル↓であり…
The Plot to Kill Hitler(邦題:殺しのプロット)』でヘルムート・グリームが演じたロンメル↓↓なども、これにあたるものと思われる。




他に印象に残っている“ロンメル”登場作品といえば、やはり大作である『The Longest Day(邦題:史上最大の作戦)』でのヴェルナー・ヒンツという方も多いかもしれない。


そして当方的には作品自体もイマイチではあるのに加え、タイトルにまで冠されている割には登場場面の少ない点もマイナス要素である『Raid on Rommel(邦題:ロンメル軍団を叩け)』でのヴォルフガング・プライスなどがいる。
各俳優たちが、これらの作品のなかで、どのようなロンメルを演じたのかは興味のあるところであり、その大半が未見なのは何とも残念で仕方がない。



映画として二次戦を題材に扱ったものの多くは、やはり映画として成立させるということで致し方がないのかもしれないが、どうしてもフィクション性 が色濃くなりがちである。
フィクション性がないというわけではないが、最近はTVドラマとして制作されるドキュメンタリー・ドラマ…いわゆる“ドキュドラ”というような作りのモノがなかなかに面白い。
様々な層を対象とし、興業ということを考えざるを得ない映画に対して、ドキュドラは、ある程度限定的な…極端にいえばマニア向けに制作されている と言えなくもない。
従って、資料や史実に基づいて構成していこうとする制作側の意図がある程度窺えて…まぁ、捉え方、取り扱われ方に偏向性はどうしてもあるのだが…自ずと内容もフィクション性よりもノンフィクション性が強調されることとなる。

“ロンメル”に関しては、伝記的映画ともされる「砂漠の鬼将軍」製作以来…それまで製作されていなかったのが逆に不思議なくらいだが…60年を経てようやくロンメルをメインにフィーチャーしたTV映画…タイトルも、まさに「Rommel(原題)」が2012年にドイツで製作された。
Rommel (2012)_Ulrich Tukur
1944年3月からロンメルの最期の時までを、B軍集団参謀長ハンス・シュパイデル陸軍中将、そして西方軍司令官(ロ ンメル負傷後はB軍集団司令官も兼務)ギュンター・フォン・クルーゲ陸軍元帥、他の登場人物などとの関わりのなかから、反ヒトラー活 動への関与、自決に追い込まれるまでの経緯について時系列的に描かれていく。
ドイツの制作会社よる120分にわたるTV映画ということで、台詞は勿論…全編ドイツ語であり、ロンメル役もドイツを代表する俳優の一人と されるウルリッヒ・トゥクールが演じている。
若干、他に比し大柄?な観もあることや…当方が人一倍衣装や徽章に目が行ってしまうたちなこともあり、この作品においても処々諸々気になるところのあるものの…ドラマが進むにつれてトゥクールのロンメルはロンメル然として見えてくる。
残念ながら、まだ日本においてはDVD化などがなされておらずリリースが待たれる!




ここまで語って、これを言っては身も蓋もなくなってしまうかもしれないが、私のなかでは幾多の俳優たちが演じるどの“ロンメル”…これは“ロンメル”役に限らず、様々な俳優たちがドイツの軍人、武官、文官を演じてもいるが、その所作、身のこなし、軍装などを見るにつけ…やはりオリジナル以上にしっくりとくる者はいない。
…ということで、最後にオリジナルのロンメルの映像・肉声もご覧・お聞き頂こうと思う。




banner.gif 
スポンサーサイト

 | HOME | 

SALON / Hauptraum

PEIPER

Author:PEIPER

卐 Nachricht 卐

Aktuelle Zeit

Zugriffszähler

Online-Zähler

現在の閲覧者数:

Bildersammlung

Kategorie

Anzahl der Artikel

全タイトルを表示

Aktuelles Artikel

Trackbacks

Archive

Große Dodekaeder

Andere Sprachen

LINK

Suche

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード