北緯30度43分、東経128度4分

2008–04–07 (Mon) 14:23
映画『男たちの大和/YAMATO』は長渕 剛による主題歌「CLOSE YOUR EYES」のヒットも相まって多少話題になった。
天一號作戦”と銘打たれた水上特攻作戦における戦艦『大和』の乗組員たちの生き様・死に様を辺見じゅん氏著書の『決定版 男たちの大和』、『小説 男たちの大和』をもとに描いた…
終戦60周年(2005年)を記念して制作された映画である。
男たちの大和

今から63年前の昭和20年6月23日…沖縄第32軍司令官の牛島 満陸軍大将と同参謀長の長 勇陸軍中将が沖縄本島南部の糸満摩文仁の自然壕で割腹自決をしたことにより沖縄での日本軍の組織的戦闘は一応の終結をみた。
牛島 満陸軍中将(死後:大将)、長 勇陸軍中将

戦艦『大和』はその激戦地である沖縄への水上特攻作戦を敢行すべく…
それに先立つこと2ヶ月半前の昭和20年4月6日15:20…
軽巡洋艦『矢矧』、駆逐艦8隻(『雪風』、『初霜』、『冬月』、『涼月』、『浜風』、『磯風』、『朝霜』、『霞』)を伴い航空支援のない状態で徳山沖を出撃していった。
因みに、この最後の出撃に際し“片道の燃料のみでの出撃”とされているが…
この映画の中でも勿論そのように語られている。
実際は満載時の約2/3にあたる4,000トンの燃料を搭載しており、これだけの燃料があれば回避や迂回に要する分を鑑みても本土と沖縄間の往復必要量を搭載していたとされている。

4月7日12時34分、鹿児島県坊ノ岬沖90海里の地点でアメリカ海軍艦上機を50キロ遠方に認め、射撃を開始した。
12:45…左舷前部に最初の魚雷1本が命中。
その後も、左舷への集中的な米軍艦載機386機による波状攻撃を受け、爆弾6発、魚雷10本以上を被弾…
左舷方向に35度傾斜した時点で、傾斜復旧見込みなしと判断した副長の能村次郎海軍大佐は、“総員最上甲板(=総員退去用意)”を進言し、第二艦隊参謀長の森下信衛海軍少将もこれに同意。
それを受け、第二艦隊司令長官の伊藤整一海軍中将(戦死後、4月7日付:海軍大将に特進)は、艦橋にいた全員の挙手の礼に答えながら、第一艦橋下の長官休憩室自室に退いた。
14:20…艦長の有賀幸作海軍大佐(戦死後、4月7日付:海軍中将に特進)は、総員最上甲板を発令するも時既に遅く…
14:22…ほぼ横転した状態で前部砲塔などが誘爆を起こした…
その火柱は6,000mの上空まで立ち上り、鹿児島からも目視出来たという…
そして、沖縄に辿り着くどころか九州坊ノ岬沖90海里付近の海底深く…
乗組員2,498名と共に沈んでいった…
沈没時刻について「軍艦大和戦闘詳報」と「第17駆逐隊戦時日誌」では14時23分…
「初霜」の電文を元にした「第二水雷戦隊戦闘詳報」は14時17分と記録している。
因みに、能村次郎海軍大佐、森下信衛海軍少将の両名は数少ない戦艦大和沈没時の生存者の一人となっている。
『大和』の指揮官たち

Yamato_sample_.jpg



ストーリーはその沈没地点となる九州坊ノ岬沖90海里“北緯30度43分、東経128度4分”に『大和』の生存者を父に持つ内田真貴子(鈴木京香)が連れて行ってほしいと地元漁港の漁師たちに頼みまわるシーンから始まる。
相手にされない彼女を見かねて一人の老漁師が話しかける…
実はその老人神尾克己(仲代達也)もまた『大和』の乗組員として当時乗艦し…
彼女が自分の上官であり恩人でもあった内田 守二等兵曹(中村獅童)の養女であることを知る…
そして60年間一人苦しみ続けてきた生き残ったことの後悔と呵責に対峙すべく沈没ポイントへの出航を決意する…
…と、まぁ~ストーリー云々はこの辺にして…(苦笑)

この映画の“一番の見所”といっても過言ではないのが…やはり総工費約6億円をかけて組まれた原寸大の『大和』のロケセットであろう。
広島県尾道市の日立造船向島西工場跡地に全長263メートルのうち艦首から艦橋付近までの190メートル…
第一主砲筒の砲身や艦橋上部は省略…
…を組んだという。
また、『大和』の全景は“大和ミュージアム(呉市)”に展示されている1/10の模型を合成して撮影されたとのことである。

因みに、6億円の総工費で驚いていてはいけない!
まぁ、全く比較にはならないが…
実際の『大和』の総工費は当時の金額で1億4,287万円…
現在の貨幣価値に換算すると、なんと約2,604億762万円という“長物”だった!

そんな素晴らしいセットを使っての戦闘シーンは『SPR』ばりに肉片が飛び散り…片足から吹っ飛び…
最近流行のこうした臨場感のあるリアルな演出が盛り込まれるなど確かに凄惨極まりない部分もあるが…
この映画自体は…
『大和』という大きな括りになっているものの…
乗組員(それも主に下士官や一兵卒の視点から…)同士…乗組員とその家族、その恋人たちに焦点を当てて描かれた“人間ドラマ”であり…
万人向けの“戦争ドラマ”となっている。
早い話が…涙腺を緩めるようなストーリーになっているのである。
一応…私は未読なので確かなことはいえないが…
原作にある程度基づいて映画化されているようで…
突飛な脚色というのもほとんどないようだ…
勿論、体験者及び戦事フリーク諸氏にはご不満な点も多々あることと思う…

私の感想も言わせて頂くと…
『大和』という超大型戦艦のスケールが今ひとつ伝わってこなかったような…???
『宇宙戦艦ヤマト』よろしく…『大和』一隻しか存在しなかったかのような…???
場面・舞台は『大和』の…それもごく一部で…
なんとなくスケール感が感じられなかったのは私だけだろうか…(苦笑)
あと…
これは止むを得ないことなのだろうが…
登場人物の…好演なのかもしれないが…立ち居振る舞いがどうしても当時っぽく思えず…
“現代版○○”という“劇”という観が…あくまで私的には…否めないのである…(苦笑)

さて、この映画…に限らず…
とかく“特攻”ネタは人々の注目、涙を誘うが…
戦事的には、ある意味彼等は恵まれた環境におかれていたわけで…
ほとんどの戦線では水も食料も武器も弾もなく…
劣悪な環境下で…それでも降伏など考える…許されるべくもなく…
敵と闘う以前に感染・環境に敗れ…衰弱し、蛆が湧き…朽ち果てていった幾千万の将兵たちがいたわけで…
死に際し良悪はないが…
後世の私たちが、そうした人たちの無念さ苦しさを知ろうともせずに…
単に格好よく勇敢に立ち向かい死んでいく様だけに“強く胸を打たれた”などと軽薄なことを言い…
また、それを先導・扇動するだけの作りには…少々憤懣やる方なくもない。
「戦争で死んでいった者たちのことを絶対に忘れてはならない」といったメッセージが感じられる作品である…と評する方がいたが…
身内などの特定の者たちにでさえ思いや未練は薄れていくものなのに…
ましてや見ず知らずの者たちのことまで忘れないでいろという方が無茶な話である。
忘れてはならないのは…
…というより、もともと知らないわけだから…
どう死んでいったか…どう殺されたか…どう殺したか…
戦争という名の下での公然な殺人がどんななものか…
それも殺す側にいられなくなった時の惨めさ悲惨さ恐怖というものを…
目を背けず、学んでいく必要があるのではないだろうか…

最後に…
当時22歳の学徒兵として『大和』の艦橋にいた吉田 満氏著書の『戦艦大和ノ最期』より…
映画の劇中では、長嶋一茂演じる臼淵 磐海軍大尉(戦死後:海軍少佐に特進)の言葉として語られている。

進歩のない者は決して勝たない。
負けて目覚めることが最上の道だ。
日本は進歩ということを軽んじすぎた。
私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。
敗れて目覚める。
それ以外に、どうして日本は救われるか。
今、目覚めずしていつ救われるか。
俺たちは、その先導になるのだ。
日本の新生に先駆けて散る。
まさに本望じゃないか…
    

  
スポンサーサイト

 | HOME | 

SALON / Hauptraum

PEIPER

Author:PEIPER

卐 Nachricht 卐

Aktuelle Zeit

Zugriffszähler

Online-Zähler

現在の閲覧者数:

Bildersammlung

Kategorie

Anzahl der Artikel

全タイトルを表示

Aktuelles Artikel

Trackbacks

Archive

Große Dodekaeder

Andere Sprachen

LINK

Suche

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード