第56回 静岡ホビーショー

2017–05–15 (Mon) 20:49
5月13日(土)、14日(日)の二日間、静岡市のツインメッセ静岡にて開催された「第56回静岡ホビーショー」に、今年も作例出展者側として参加させて頂きました!
まだ先、まだ先…などと悠長に構えていたら、フッと気づけば静岡出発…前日搬入日…
ちょっとしたパーツ類(襟章の台布など)の作成が残っており…
出発までに、突貫作業で間に合せはしたものの、なんとなく納得が行かず…
念のため、宿泊先のホテルでも作業ができるように、用具一式も持参し、いざ新幹線で一路、静岡に!
今回は、当ブースのメンバー全員が、二日間、同じホテルを予約できたこともあり…
…後の飲み食いなども堪能できた三日間でした。
(因みに、襟章は…前日搬入後の飲み食いの後…酔で眠いなか、結局、未明まで作業…)

今回も、YASさん、酒井さん…
ta-sukeさん、maruちゃん…
そして、他の同(1/6)スケールの中野さん、ICHKAWA BASEの市川さんはじめ海外からの同胞の方々…
本当にお疲れ様&楽しい時間をありがとうございました!
是非、また来年!

今回は、『SS-Obersturmbannführer Jochen Peiper』と『Panzermänner』の2点にての出展参加となりました。

第56回_静岡ホビーショー_出展模様
(※拡大画像)

待ちかねたパイパー・ヘッド」でも紹介した、3Rからリリースのパイパー・ヘッドを使い…
ようやくパイパーらしいパイパーをカタチにできたようにも思う。
写真、映像等でも見たことのない、“SS大佐”にしてみるのも面白いのではとも思ったのだが…
静岡には間に合わず…それはまた別の機会にでも…
とりあえず、今回は“詰襟”バージョンのSS中佐ヨアヒム・パイパーをご覧頂きたい。
Joachim Peiper_SS-Ostubfhr_title

Joachim Peiper_SS-Ostubfhr_01

Joachim Peiper_SS-Ostubfhr_07

Joachim Peiper_SS-Ostubfhr_02

Joachim Peiper_SS-Ostubfhr_03

Joachim Peiper_SS-Ostubfhr_04

Joachim Peiper_SS-Ostubfhr_05

Joachim Peiper_SS-Ostubfhr_06

banner.gif
スポンサーサイト

五鉄の軍鶏鍋

2017–04–12 (Wed) 11:00
鬼平犯科帳_中村吉右衛門

2016年12月(2日/3日)に放送された前後編スペシャル…150作目をもって中村吉右衛門版『鬼平犯科帳』が27年に渡る幕を閉じた。
原作は、言わずと知れた、1967年~1989年にかけて文藝春秋出版の「オール讀物」に連載されていた池波正太郎の人気同名小説『鬼平犯科帳』であり…
テレビドラマ化は勿論のこと…映画、舞台、漫画(コミック)…そして最近、アニメ化もされている。
テレビドラマ化においては…
原作者の池波が“鬼平”のイメージとしたとも言われる…中村吉右衛門の実父…(八代目)松本幸四郎(1969年10月7日~1970年12月29日/1971年10月7日~1972年3月30日)版を皮切りに…
丹波哲郎(1975年4月2日~9月24日)版、萬屋錦之介(1980年4月1日~9月30日/1981年4月14日~10月13日/1982年4月20日10月12日)版と…
錚々たる面々が“鬼平”を演じてきていた。
そして、四代目の“鬼平”となる吉右衛門版が1989年7月12日にスタートし…
全9シリーズ+スペシャル12作+映画1作をもって昨年末までに至ったわけである。
当初は、ともすると、それまでの大御所的なスター俳優に比べると、さほど目立った活躍の場があったわけでもなかった吉右衛門さんではあったが…
勿論、歴代の“鬼平”も見たうえで…個人的には、吉右衛門版の“鬼平”が一番、池波の小説のそれを体現しているように思う。
演技のなかでみせるちょっとした所作…煙管の扱い方、お猪口の持ち方、線香の消し方、等々…
とにかく吉右衛門さんには他にはない“粋”があった。
その“粋”さをみせる場面が多かったのが、五鉄という軍鶏鍋屋の二階の座敷である。
そこで度々、食されたのが…軍鶏鍋屋だけに、まさに軍鶏鍋である。
今回は、『鬼平犯科帳』のドラマに関してではなく…こちらについて少々書かせて頂こうと思う。

鬼平犯科帳_五鉄

「玉ひで」というと、“行列のできる(元祖)親子丼”の店といった観が強いようだが…
1760年(宝暦10年)創業の軍鶏鍋屋で…
しかも、その創業時期は…
実在の長谷川平蔵(宣以)が…まさに火付盗賊改方の長官として活躍していた時期(1787年(天明7年)~1795年(寛政7年))とも同時期…
現代ならば、メトロにでも乗れば…清水御門外の役宅から人形町ならば、ほんの10数分という距離なのだが…当時は、はたしてそれほどの近距離感があったかどうかはわからない。
もしも実在の平蔵が、小説やドラマばりの粋人・食通であったならば…舌鼓をうちにわざわざ足を延ばしていたかもしれないが…

玉ひで_軍鶏鍋

池波正太郎の『鬼平犯科帳』に描かれている軍鶏鍋屋「五鉄」は…
“竪川にかかる二ツ目橋(現:二之橋)の北詰”あたり、とのことで…
わかりやすく言えば、大相撲の行われる両国国技館から程近くというところという設定である。
因みに、この界隈には…
「五鉄」のモデルとされたと言われている「かど家」に「ぼうず志ゃも」という軍鶏鍋屋があるが…
「かど家」は若干新しく?…1862年(文久2年)…幕末の動乱期…新選組が今まさに生まれようとしていた時期…
一方、「ぼうず志ゃも」は、かなり古く…犬公方と揶揄される綱吉が将軍職に就いた時期…
この綱吉治世の初期…天和年間(1681~1684年)創業とされており…
余談だが…綱吉がこの時期に行なった“天和の治”などは善政として高い評価を得ており…
実は、徳川封建体制をある意味確立したのは綱吉と言っても過言ではないくらいの“名将軍”だとも言える。
如何せん、悪名高い“生類憐れみの令”により、一気に“迷将軍”のレッテルが貼られている。
今回は“食”の話題ということで…
この“生類憐れみの令”以前は、実は我が国でも…韓国や中国のように…“犬料理”はごく普通に食されていたようで…
それ以後は、現在に至るまで犬料理を食する習慣が我が国からはなくなったということである。

“軍鶏鍋”の話題から、だいぶ話がそれたが…
小説では、「五鉄」の“軍鶏鍋”は…
酒、醤油、みりん、水を合わせた濃い目の割り下に、笹掻き牛蒡と軍鶏の“もつ”を鉄鍋で煮込んだもの…ということになっている。

「かど家」は八丁味噌…「ぼうず志ゃも」も秘伝の割り下に味噌を合わせるので…
「五鉄」の醤油味とは多少違う味わいかもしれないが…
「ぼうず志ゃも」では以前に頂いたことがあるのだが…これがまた、なかなかにいけるのです!
いわゆる江戸風というのであれば…
池之端の「鳥栄」で頂いたことがあるが…こちらもまた美味!
ここは外観もなかなか風情があってよかった。
その「鳥栄」から程近いところにある“牛鍋(すき焼)”の「江知勝」…
実はあまり一般的な“すき焼”が好みではない当方でも、ここの“牛鍋”はお薦めである!!
「玉ひで」では、本来の鍋は頂いたことがなく…1Fで親子丼しか頂いたことがないので…
機会があれば“鬼平が愛した軍鶏すき焼き”も…是非、食してみたいものである!!

2013年、池波正太郎の生誕90周年にあたり東北自動車道 羽生パーキングエリア(上り)にオープンした“鬼平江戸処”にも、「玉ひで」プロデュースの…その名もまさに『五鉄』という企画店があるのだが…
“鬼平江戸処”には、以前にバスツアーの帰りに立ち寄ったものの…
トイレ休憩ほどの短い滞在のため、ちょっとしたお土産を物色するのがやっとで…
ゆっくり食事とまではいかず…
そもそも、高速のパーキングということは、車で行かねばならず…
鍋をつつくのに御酒なしというところもネックとなって…
その後、足が向かないままになってしまっている。

五鉄_しゃも鍋定食
五鉄しゃも鍋定食 / 1,500円
鬼平犯科帳の小説に出てくる「五鉄の軍鶏鍋」をイメージし、「国産軍鶏肉のブツ切りと、牛蒡、しらたき、焼豆腐、ネギ、五鉄特製の割下、玉子」を使った鍋を定食スタイル(ご飯、お新香付)で再現しているとのこと。

<<追記>>
中村吉右衛門版『鬼平犯科帳』といえば、エンディングに流れる『インスピレイション』…
ジプシー・キングスの奏でるフラメンコ・ギターの音色が、本編“愁話”の余韻に一層浸らせてくれる一助となった。
一見、ミスマッチのように思える…ルンバ・フラメンカと和の情景が織り成すそのエンディングロールは、シリーズを通し一貫して替えられることはなかった。



banner.gif

ゲッベルスの身長

2017–04–07 (Fri) 23:00
Paul Joseph Goebbels

パウル・ヨーゼフ・ゲッベルスは、ご存知の如くN.S.D.A.Pの宣伝全国指導者であり、ヒトラー政権下の国内体制維持に辣腕を発揮した国民啓蒙・宣伝大臣である。
“プロパガンダの天才”であり、ゲッベルスが考えたという宣伝技法は現在でも用いられている。
ゲッベルスはまた“小さなドクトル”とも称されているが…
当時の平均身長が現代よりも低かったことを加味すれば、周りの人物たちよりさらに低い彼の身長はかなり低かったものと思われる。
公称身長の発表がないので、正確な身長はわからないが…
なかには彼の身長を“5フィート5インチ(=165.1cm)”としている資料もあるのだが…
さすがに、これには懐疑的で…
確かに、彼は右足が不自由で…
足首から先が軽く捻れていたため、革と金属からなる内反足矯正用人工装具を装着しており…
実際の身長よりもさらに…若干、小さく見えるのかもしれないが…
それでも160cm以下であったのは確実で…
因みに、身長158cmとされているゼップとの比較↓でも…並列はしていないものの…そのゼップよりも更に低いように見える。
Joseph Goebbels_Sepp Dietrich

まぁ、どうでもいいことなのだが…今回は、もう少し、このあたりを推察してみたいと思う。
↓の…ほぼ直立かつ並列に近い…身長が173cmだったとされるヒトラーとゲッベルスの身長を比較してみると…
靴底の高さを ほぼ同じくらいと仮定すれば…
彼の身長は160cm弱ということになる??
Joseph Goebbels_Leni Riefenstahl_Adolf Hitler
ヒトラーが若干 手前もしくは奥に傾いていたとして、それも加味してみても、約10cm近い誤差が生まれるとも想定し難く…
こうしたことを考え合わせるに…
“5フィート(=152.4cm)+1インチ(=2.54cm)”前後といったあたりが妥当なのでは…
勿論、この時…彼が身長を高く見せるため、シークレット・ブーツを履いていたとなると話はまたややこしくなってしまうが…(苦笑)

sample_Goebbels_3R_DiD_01
2011年に3R/DiDからリリースされたゲッベルスのヘッドは、↑の如く…
実現はしていないが、ゲッベルス制作の意欲を掻き立ててくれる程の高いクオリティである。
その際には、やはり低身長にするということは必須であると思われ…
選択する素体としては…2007年にDiDからリリースされた“ヘルマン・ヴェーバー”や“ティモ・デュッカ”といったヒトラー・ユーゲント少年兵用のボディへのすげ替えがよいと思っている。
もしくは、メディコムのRAH301改あたりを使用するのもよいのではないだろうか。
…ということで、今回は手持ちのヘルマン・ヴェーバーのボディと組み合わせてみた。
これでも通常サイズのボディのフィギュアに比べれば、かなりの低身長(全高は27.0cm)となっているが…
それでも、6倍すると162cm相当の身長となる。
まぁ、他とのバランスを考えれば、この程度が妥当だといえよう。
裸のままでは多少線が細く感じられるが、腰周りなどに肉付け加工を施し、衣装を着せれば、このボディあたりで丁度良い感じになってくれるのではないだろうか?
ただ、この先の工程は、もう何年越しで考えているのだが、構想ばかりで、なかなか重い腰が上がらず…何時になることやら…(^ ^;

fig_Goebbels_3R_DiD_02


banner.gif

5人目のSS上級大将

2017–03–17 (Fri) 10:45
Karl Wolff

以前、カール・ヴォルフ“出”であるというペアの肩章↓のコレクション紹介をネットで見かけた。
まぁ、ヴォルフ物に関しては、これまでも制服や制帽、サイン入りポートレートなどなど…
有名人物にしては比較的、オークションなどで目にすることも多い人物でもあるので、実はそう珍しいという程ではないのだが…
Karl wolff_Schulterstück

この“物”…にはギャランティ代りのヴォルフ本人署名の添状↓がついており…
正確ではないかもしれないが、この文面を訳してみると…
Karl wolff_Schulterstück_urkunde

カール・ヴォルフ
退役 上級大将

私、退役武装SS上級大将カール・ヴォルフは、以下に示された武装SS大将用の肩章が私自身からの出物であり
また、これを第二次世界大戦中に所有していたことを証明するものである!

(署名)カール・ヴォルフ 退役 SS上級大将(最高集団指導者) 兼 武装SS上級大将


私の拙い解釈だと…
“getragen”の訳としては、“身に着けていた→着用していた”と直訳的に解釈すべきか迷ったのだが…
“物”の拡大画像を見る限りでは、縫い付け糸痕などがほとんどないことなどから…
ヴォルフが所持していた“物”であったとしても、おそらくは“スペアの肩章”…
実際に勤務服などに着用していた“物”ではないのではないかと判断した次第である。

…と、前置きが長くなってしまったが、今回は、そんな“重隅”なことを言いたいのではなく…
まぁ、以下も十分“重隅”だと揶揄されそうだが…(苦笑)

この書面にヴォルフがタイピングした、彼の階級…
のっけに記載の“Generaloberst a. D.”
後段の“SS-Oberstgruppenführer und Generaloberst d. Waffen-SS a. D.”の部分が私的には興味深かった。
この何気なく書かれている階級呼称…
↑の訳をご覧頂ければお気づきかと思うが、どれも“上級大将”ということなっている。
(公称的には“SS-Obergruppenführer und General d. Waffen-SS”(SS大将 兼 武装SS大将)とされている)

“SS上級大将”という階級は、総統の肝入りもあって…
ヒトラー53歳のバースデー…1942年4月20日付で…
“上級大将”階級新設に難色を示していた国防軍サイドに一応配慮し、フランツ・クサフェァ・シュヴァルツ、クルト・マックス・フランツ・ダリューゲの両SS文官を、まずはなんとか昇進させ…
総統暗殺未遂事件後にパワーバランスがSS優位にシフトすると…
1944年8月1日付で武装SSにもこの階級を新設し…
ヨーゼフ・“ゼップ”・ディートリヒ、パウル・ハウサーの両SS武官を昇進させた。
以上、この四名のみが公式的には“SS上級大将”であるとされているわけである。

当方の勝手な解釈としては…1945年4月28日に“忠臣ハインリヒ”の裏切り行為を知り、激怒したヒトラーは、すぐさまヒムラーの全官職を剥奪し、逮捕命令を出す。
それに伴い…それまで、ハイドリヒ亡き後…建前的にはSSのNo.2ではあったものの…
カタチ的にはイタリアに飛ばされ…既に親ヒムラー派でもなくなっていたヴォルフにとりあえずの最高階級でヒムラーの代わりとすべく、直に昇進を決めたとのことであるが…
ヴォルフはヴォルフで、この時期…イタリアにおける全面降伏に向けての調整で大忙し…
ましてや、ライチュがもう一人いたとしても、既に地下壕に辿り着くことは困難であり…
ヒトラーはヒトラーで…思いつき的にヴォルフ昇進を仄めかしたかもしれないが…
最期の時を間近にして、ある意味…それどころではなかったわけで…
もしヴォルフが明記したように、彼がSS上級大将に昇進していたというのであれば…
レーマーの時の如く、電話越しに…ヒトラー自らか、もしくは側近によって伝言で通達されただけなのかもしれない??
ご存知のように、ヒトラーは4月30日未明に自決しており…
またヴォルフ自身も5月2日には米軍に投降していることもあり…
この昇進が事実としても、手続き的なことが行われる時間も余裕もなかったものと思われ…
結局は非公式な昇進となってしまったのではないだろうか?
まぁ、明記するくらいなので、そのへんの経緯は、どこぞで語っているのかもしれないが…
ただそれも、このヴォルフ本人署名の添状自体が“本物”ということが前提ではあるのだが…
勿論、肩章も“本物”であるということは言うまでもないことである。

【補足】
“a. D.”は“außer Dienst”の略で“退役”という意。
“Generaloberst d. Waffen-SS ”の“d.”は“der”の略…英語で言えば“of”…“~の”ということになり、“武装SS(の)大将”となる。


banner.gif

頭打ち?なロンメル・ヘッド

2017–03–10 (Fri) 18:26
headsulpt_3R_Rommel_GM636_prototype

先のパイパーに続き、3R(/DiD)から第三弾となる『ロンメル』がリリースされた。
今回の仕様は、1943年以降…B軍集団司令官として大西洋防衛に奔走していた頃の設定となっているようである。
軍装に関するツッコミはさておき…
今回のヘッドの造形だが…
パイパーの項でも書いたように、やはり一頃に比べ、プロトタイプと製品版における出来栄えの差は否めず…
そのプロトタイプにしても、以前のような納得感がなかったというのが私個人の印象である。
2011年末にリリースされた第二弾(下左)がなかなかの出来であったと思えるだけに…
あくまで私個人の見方ではあるが…ご覧のように、今回(下右)の出来(似)は少々微妙である。
また、前頭に比し若干大きくなっている。

初期のDRAGONのヘッドのように頭大が大きすぎるのも如何なものとは思うが…
昨今、若干…被り物を意識しすぎて頭大を予め小さく造形しすぎて、体幹とのバランスが?になっていたこともあり…
個人的には頭大的にはこのくらいが丁度良いのではないかとも思っている。
ただ、やはり残念な観は否めない…

headsculpt_Rommel_2nd_3rd

やはり、オリジナルに勝るもの無し…ということで、ロンメルの御尊顔も掲載しておこう…
このポートレートは、ロンメルが陸軍中将当時に撮られたものである。
ロンメルは、1941年1月に陸軍中将に昇進し…2月からは北アフリカに赴き、派遣軍の司令官として来るべき攻勢の準備に取り掛かる。
そして、3月19日に攻勢実施の承認を得るべく、一旦ベルリンに戻っている。
翌3月20日付で、全軍第10番目の柏葉章の授与も為されているのだが、おそらくはその際に撮られたものと思われる。
ロンメルは北アフリカに急ぎ戻り、3月24日から、いよいよドイツ・アフリカ軍団(Deutsches Afrikakorps=DAK)…“ロンメル軍団”による攻勢が開始された。
『砂漠の狐』伝説の始まり直前の…最も意気盛んな時期に撮られた写真なだけに、ロンメルを“撮”らえた数々の写真の中でも、私個人としては、この日の一連の写真に写ったロンメルが一番のお気に入りでもある。
おそらくは、この新ロンメル・ヘッドの原型を製作するに当たって、参考とされた写真もこの日に撮られた一連の写真…コレあたりではないかと思われる。

Erwin Rommel


King's ToysROMMEL -The Desert Fox -
(2013年9月27日掲載記事 )
King's Toys_ROMMEL

King's Toysというメーカーに関しては、当方的にはほとんど馴染みがなく…
リリース第1弾がヨシフ・スターリンという、際物的なデビューを飾り…
因みに、SCULPTURE TIMEというメーカーからも同様なスターリンがリリースされているようである。
また、同社からはルーズベルトもリリースされているようなので、DiDのチャーチルとも併せて、ヤルタの“三巨頭”を再現してみるのもよいかもしれない。
第2弾は一転…Uボート乗組員というあたりは、他社とは一線を画し、隙間をついたラインナップでの参戦を模索・画策するメーカーなのか?と思う程度にしか認知していなかったが…
その第3弾として先頃、処々フォーラムなどに発表されたが…今回ご紹介する、定番中の定番ともいうべき…『ロンメル』のようである。
それも、またまた…また…ともいえる、お決まりの“熱帯服”バージョン…
King's Toysの製品に関しては実際に現物を間近で見たことがないので、クオリティーその他に関しては語るべくもないが…
ただ、こと“ロンメル”に関しては…先に3R/DiDからリリースされた“ロンメル”ヘッドがなかなかの出来であったことに加え、ほぼ同仕様ということもあり…画像で見る限りにおいては、衣装・付属品等は勿論、目玉となるべきヘッドも…3Rの上をいくクオリティーであるならばまだしも…今更感を余計に感じざるを得ない。
現段階では各フォーラムにプロトとしての発表が為されているだけで、まだ自社HPでは発表もされておらず…
それらの反響も踏まえ、改良その他の今後の動向にも変化があるかもしれない。
3R/DiD以上の仕上がりになってくれるのであれば、それに越したことはないのだが…
まぁ、それは期待し過ぎというものであろうか…


DML/Cyber Hobby_ROMMEL
そういえば、Cyber Hobbyからは電撃戦から70年を記念?した“ライフ・ライク”なロンメルがリリースされていた。
確か、DMLのロンメル・ヘッドとしては3.5代目…
ヘッドの技術革新合戦に遅れじと…DMLも“ライフ・ライク”と銘打っての参戦を続けているが…
残念ながら、その目玉となるべきヘッド・スカルプト自体が話題になることは、これまでのところではなかったように思われる。
各メーカーともに“特定の人物”をリリースするにあたっては…原型・塗装の出来不出来は言うまでもなく…如何にその人物に似せられるかが問われるなか…
DMLは、その点においても後塵を拝しているように思われる。
このロンメルも、ロンメルと言われなければそれと分かる者は少ないのではないだろうか?
まぁ、それがDMLらしさと言えなくもないのだが…


banner.gif 

 | HOME |  次へ »

SALON / Hauptraum

PEIPER

Author:PEIPER

卐 Nachricht 卐

Aktuelle Zeit

Zugriffszähler

Online-Zähler

現在の閲覧者数:

Bildersammlung

Kategorie

Anzahl der Artikel

全タイトルを表示

Aktuelles Artikel

Trackbacks

Archive

Große Dodekaeder

Andere Sprachen

LINK

Suche

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード